龍馬の夢

本サイトは、経済・金融情報、マネーや不動産・相続に関する情報、資格試験・能力開発、たまに歴史・時事情報等の、5ch、X、YouTube等の声をまとめています。


     楽天インサイト東京都世田谷区)は、資産運用に関する調査を実施した。その結果、資産運用の実施状況では1位が「NISA」(31.6%)で、2位は「預貯金」(27.7%)、3位は「株式投資」(19.9%)だった。

    【その他の画像】

     男女別では、資産運用を実施している割合は男性が女性より約10ポイント高く、年代別では20~40代で「NISA」が最多となった。

     世帯年収別でみると、資産運用を実施している割合は「800万円以上」(75.7%)、「400万~800万円未満」(68.6%)、「400万円未満」(49.7%)の順となり、年収が多くなるほど資産運用を実施する割合が多くなる傾向が見られた。

     資産運用を開始した時期を聞いたところ、「直近1年以内に開始した人」は24.1%だった。男女別に見ると、女性が男性より10ポイント高かった。年代別では、20代で「直近1年以内に開始した人」が48.9%と、全体より約25ポイント高かった。

     資産運用を始めたきっかけを尋ねてみると、「老後や将来の生活資金に不安を持った」(44.4%)が最も多く、次いで「値上げや物価高で資産形成の必要を感じた」(19.6%)、「資金に余裕ができた」(16.7%)と続いた。

     資産運用を開始した時期別でみると、直近1年以内に始めた人は全体より「値上げや物価高で資産形成の必要を感じた」「家族や知人に勧められた」が約10ポイント高く、「テレビやWebサイトなどで興味を持った」は5ポイント以上高かった。

     積立投資の実施状況を聞いたところ、「積立投資をしている」は50.7%を占める結果に。男女別でみると、「積立投資をしている」人は、男性が女性より約13ポイント高かった。年代別では、20代(73.4%)が最も高く、年代が上がるにつれて実施率は下がる傾向がみてとれた。

     調査は、楽天インサイトに登録しているモニター1000人を対象にインターネットで実施した。期間は、1月15~16日。

    実施している資産運用、3位「株式投資」、2位「預貯金」、1位は?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    積立投資(つみたてとうし)とは、主に投資信託を購入する際の投資方法。 同一の金融商品、例えば投資信託を毎月一定額(自分で決めた額)決まった日に買い付けていく方法。ドル・コスト平均法とも呼ばれる。 特に初めて投資を始めるなどの場合、投資による運用損失の可能性は、投資
    8キロバイト (1,236 語) - 2022年3月29日 (火) 14:02



    (出典 sorairo-kobin.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【実施している資産運用】3位「株式投資」、2位「預貯金」、1位は!?~~~。】の続きを読む


    FP ファイナンシャル・プランナー (Financial Planner) また、ファイナンシャル・プランナーとしての能力を有している者として認められている国家資格である、ファイナンシャル・プランニング技能士が称される場合もある。 フォルテピアノ (Fortepiano) フォーカルプレーンシャッター…
    2キロバイト (333 語) - 2024年1月9日 (火) 22:48

    (出典 cv.bkmkn.kodansha.co.jp)




    確かにテキストを漫然と読むだけだと、後になるころには最初の方の年金とかの知識が定していないことに愕然とします。でも一回はテキスト回さないことには、はじまらない気もします。いきなり問題集ってのもちょっときついですしね。とにかく最初は忘れるを覚悟でテキストを読みこむことかなと思います。

    558 名無し検定1級さん :2024/02/20(火) 08:33:47.39 ID:e7y/Sgrp
    六分野ゆっくりとテキスト読み終わったが
    最初のころの忘れてるんよ

    【【FP2級勉強法】テキスト通読、「不動産」を勉強する頃には最初の「年金」とか忘れちゃう!?~~~。】の続きを読む


    今年は新しいNISA制度が始まったこともあり、以前よりも投資の話題を耳にする機会が増えました。これまでは銀行預金のみだった人も、「そろそろ投資にチャレンジしてみたい」と考えているのではないでしょうか。

    しかし、投資経験がないと、「何から始めればいいの? 」「初心者の場合、どの商品を選べばいいのかな… 」など、わからないことだらけかもしれません。そこでこの記事では、投資を始めたい方や初心者の方に向けて、投資の基本的な知識をわかりやすく解説し、おすすめの投資方法をご紹介します。

    ■投資は「貯金」や「投機」とどこが違う?

    投資には「お金を増やしてくれるもの」という漠然としたイメージがありますが、詳しいことを知る機会はあまりありません。投資の基本的な知識を改めて学んでみましょう。
    <投資とは>

    投資とは、利益を期待して、株式や投資信託、債券などの金融資産に自分の資産を投じることです。銀行の預貯金は、元本(投じたお金)が保証されていますが、投資は基本的に元本が保証されていません。そのため、相場の下落などにより、当初投じた投資金額を下回る「元本割れ」が起きる可能性がありますし、必ずしも利益が得られるという確約もありません。

    このように、投資には損失が生じる可能性がありますので、生活費や使う目的が決まっているお金で行うのではなく、当面使う予定のない「余裕資金」で行うのが大切です。

    また、投資と似た言葉に「投機」があります。投機とは、短期的な相場変動から利益を得ることを目指すものです。一方、投資とは、将来的な利益を求めて、中長期的に資産を投じるものです。投機と投資はどちらも利益を狙う点では同じですので、たとえば、株式投資やFX(外国為替証拠金取引)がどちらに該当するのか、明確な線引きはできません。

    あえてどちらかに当てはめるなら、デイトレードのように価格変動のみに着目し、短期で利益を得ることを目指すのが投機です。一方、資産の価値に着目し、中長期的に利益を得ることを目指すのが投資となるでしょう。
    <投資の「リスク」と「リターン」>

    一般的に、「リスク」というと危ないもの、避けるべきものというイメージがありますが、投資におけるリスクとは「価格の振れ幅」のことを指します。価格の振れ幅が大きいと「リスクが大きい」、振れ幅が小さいと「リスクが小さい」と言うのです。

    また、投資におけるリスクとリターン(成果)は比例します。「ハイリスク・ハイリターン」という言葉があるように、大きな成果を求めようとするほど、運用中の値動きも大きくなります。
    te
    ハイリスク・ハイリターン」と言われるものは、たとえば、株式投資や株式型の投資信託などが挙げられます。反対に、「ローリスク・ローリターン」と言われるものは、預貯金や円建ての債券などです。また、リスクやリターンが中程度の「ミドルリスク・ミドルリターン」の金融商品には、外貨預金や外貨建の債券などがあります。
    ■投資はまず何から始めればいいの?

    投資について基本的なことがわかっても、実際に投資を始めるには、具体的に何をすればいいか悩むものです。投資を始めるなら、以下のような手順で準備をしましょう。
    1.投資の目的を明確にする

    はじめに、なぜ投資をしたいのか、目的を明確にしましょう。老後資金のようにずっと先に必要になるお金を備えるのか、それとも、結婚資金のように近い将来必要になるお金を準備するのかでは、運用(投資)期間や目標金額、適した投資方法が異なるからです。何のために投資したいのか明確になったら、そのお金が必要になる時期や金額も考えてみましょう。

    たとえば、

    ・33歳までに住宅購入の頭金として800万円貯める
    ・65歳までに老後資金として2,000万円貯める

    のように、「何のために(目的)、いつまでに(時期)、いくら(金額)」必要なのかをハッキリさせるのです。「何となく投資をしてみたい」という動機もOKですが、このように目的や時期、金額を決めると、自分の人生に必要なお金が把握でき、資産形成がうまくいきます。
    2.目的に合った投資方法を選ぶ

    投資の目的が決まったら、その目的に合った投資方法を選びましょう。投資方法を選ぶ際には、「運用期間」がどのくらいなのかを基準にすると決めやすいです。

    運用期間は大まかに、「長期」「中期」「短期」に分けられ、おおよそ10年以上が長期、1年~10年未満が中期、数日~数ヶ月程度が短期として分類されます。一般的に、運用期間が長いほど価格の振れ幅が小さくなってリスクは低くなり、運用期間が短いほど振れ幅が大きくなってリスクは高くなります。

    つまり、長期投資ほど損失を抑えやすくなり、反対に、短期投資は値動きで大きく損をしてしまう可能性があるのです。そこで、近い将来必要になるお金は、「定期預金」や、投資商品の中でも元本保証のある「個人向け国債」のような商品で安全に確保しましょう。

    一方、運用期間が10年以上など長く取れる場合は、ある程度リスクのある商品の運用も視野に入ります。たとえば、数十年先の老後資金を備えたいなら、後ほど紹介するイデコ(個人型確定拠出年金)やNISA(少額投資非課税制度)を活用し、投資信託を運用するのもおすすめです。
    3.少額でチャレンジしてみる

    投資方法が決まったら、その投資についての書籍を1〜3冊読み、一通り知識を身に付けておきましょう。基本的な知識を備えたら、次は少額でさっそく投資にチャレンジするのがおすすめです。

    たとえば、投資信託なら、証券会社によっては100円から投資できますし、最近では、貯めたポイントで投資ができる「ポイント投資」というものもあります。また、株式投資の中には1万円台で買える銘柄や、「ミニ株・単元未満株」といった通常よりも少ない株数で取引できる仕組みもあります。

    何事もそうですが、いくら知識を身に付けても、実際にやってみなければわからないものですし、「失敗して初めて気づいた」という経験は誰にでもあるでしょう。投資にも、これと同じことが言えます。まずは、たとえ失っても気にならない程度の金額から始め、取引や操作方法に慣れてみましょう。
    ■初心者におすすめの投資方法4選

    最後に、初心者の方におすすめの投資方法を4つご紹介します。
    1.投資信託

    投資信託とは、たくさんの投資家から集めたお金をプロ(ファンドマネージャー)がまとめて運用し、利益を配当金として投資家に還元する金融商品です。それぞれの投資信託は、国内外の株や債券、不動産といったさまざまな資産に投資されていて、投資される地域や資産、その割合は投資信託によって異なります。

    資産運用では「長期・積立・分散投資」が王道とされ、これを意識して運用すると投資のリスクが抑えられより多くの成果が期待できると言われています。投資信託を長期間積み立てると、この3つのポイントをカバーしながら運用できます。

    たとえば、投資信託は通常、1本で数十〜数百の銘柄に投資していますので、投資信託を購入するだけで、自動的に分散投資できることになります。また、運用をプロに任せられる点、100円や1,000円など少額から始められる点もメリットです。
    2.イデコ(個人型確定拠出年金)

    イデコとは、毎月掛金を出して自らの判断で運用し、老後資金を作る年金制度です。運用できる商品は保険や定期預金、投資信託で、将来受け取る年金額は、運用成績によって増えることも減ることもあります。

    イデコは、自営業者や会社員、公務員、専業主婦(主夫)など、20歳以上65歳未満のほとんどの人が加入でき、月5,000円以上1,000円単位で掛金を決められます(上限額は加入している年金の種類や企業年金の有無によって異なる)。積み立てた資産は60歳以降に、一括または分割で受け取ります。

    イデコは掛金の全額が所得控除の対象ですので、将来のお金を増やしながら、税金も安くできるメリットがあります。また、運用益は非課税となり、効率よくお金を増やせます。今のご時世、誰にとっても老後資金の準備は欠かせないものです。初めての投資として何をやればいいか悩んだら、イデコで老後資金の運用から始めてみるのもいいでしょう。
    3.NISA(少額投資非課税制度)

    NISAとは、NISA口座内で投資した株や投資信託から得られる利益が非課税になる制度です。通常、投資から得た利益には約20%の税金がかかりますが、NISAの場合はこの税金がかかりません。

    2024年1月には、新しいNISA制度が始まり、投資できる金額や期間に大きな変更がありました。新NISAでは、これまでのつみたてNISAに当たる「つみたて投資枠」とこれまでの一般NISAに当たる「成長投資枠」が併用でき、生涯に投資できる金額も1,800万円までと大幅にアップしています。また、制度に期限がなくなり、好きな時に自分のペースで投資できるようになりました。

    新NISAのつみたて投資枠では、金融庁の基準を満たした投資信託やETF(上場投資信託)が積み立てられます。いずれも手数料が安く、長期の積立投資に適した商品ばかりがラインナップされていますので、初心者の方も始めやすいでしょう。一方、成長投資枠では、つみたて投資枠では対象外となっている投資信託にも積立投資できるほか、株式投資も可能です。

    NISAも100円や1,000円程度の少額から投資できますし、利益に税金がかからない分、効率よくお金が増やせますので、イデコとあわせてぜひ検討していただきたい制度の一つです。
    4.個人向け国債

    個人向け国債とは、国が個人に向けて発行している債券(国債)で、一定期間保有することで定期的に利子がもらえ、満期を迎えると元本が戻ってくる商品です。年12回、月に1度のペースで募集および発行されており、好きなタイミングで1万円から購入できます。

    個人向け国債には、金利や満期の異なる、「期間10年・変動金利型(変動・10年)」「期間5年・固定金利型(固定・5年)」「期間3年・固定金利型(固定・3年)」の3つのタイプがあり、自分の資金計画に合わせて好きなタイプが選べます。

    個人向け国債は投資商品ですが、元本が保証されていますので、投資した元金以下になる心配がありません。また、満期は設定されていても、1年経つと中途換金が可能です(中途換金の場合、直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685が差し引かれる)。

    個人向け国債の金利は発行時期によって異なり、最低金利は年率0.05%が保証されていますが、他の投資商品と比べると、期待できる利益は大きくありません。ただし、投資商品でありながら元本が保証されている点や、1万円から購入可能な点、3つのタイプから選べる手軽さは初心者向きですので、安心して投資を始めたい方にはおすすめの方法です。
    初心者向けの方法から投資を始めてみよう

    投資を始めたくても、「リスクが怖い」「どの商品を選べばいいかわからない」など、一歩踏み出せない理由は色々とあるでしょう。そういう方は、今回の記事を参考に、初心者におすすめの方法から始めてみてください。

    少額でも、若いうちから投資を始めておけば、「本格的に投資がしたい」と思った時に非常に役立ちます。今年は新NISAも始まりましたので、ぜひ投資にチャレンジする1年にしてみてはいかがでしょうか。

    武藤貴子 ファイナンシャル・プランナー(AFP)、ネット起業コンサルタント 会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーやマネーコラムの執筆を展開。独立後はネット起業のコンサルティングを行うとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中 この著者の記事一覧はこちら
    (武藤貴子)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    日本経済新聞 (2019年11月12日). 2021年1月24日閲覧。 資金 投資顧問会社 投資信託 株式相場 投資家 機関投資家 個人投資家 エンジェル投資家 M&A 投資ファンド 投資クラブ 不動産投資投資 アメリカ不動産投資 ヘッジファンド 相場師 テクニカル分析 大数の法則 罫線表 株式 株価…
    13キロバイト (1,905 語) - 2023年11月22日 (水) 12:39



    (出典 koibota.blog.fc2.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【投資と預金はどう違う?投機は?】初心者にお勧めの投資方法とは何か!?~~~。】の続きを読む


     

     パナソニックの創業者・松下幸之助が設立した松下政経塾(神奈川県茅ケ崎市)では、新入塾生(第46期)前期募集のエントリーを受け付け中。前期エントリー締め切りは2月14日までと迫っている。2月13日には、エントリー締め切り前の最後の「オンライン説明会」も実施する。


     松下政経塾の塾生に求められるのは、理想社会のビジョンを描き、その実践者になること。自修自得・現地現場の研修方針のもと、自ら研修を組み立て社会課題の解決に向けて活動していくようにする。在塾中は「生活の心配なく、研修に打ち込んでほしい」という松下幸之助の思いから授業料は無料、塾が研修・研究の資金をサポートし、生活の場を提供する。そして卒塾生はこの40年余りで290人を超え、政治家・企業経営者・社会起業家・教育者・研究者など、さまざまな分野で活躍している。


     応募年齢・学歴・国籍は不問で、新卒選考は2025年3月に大学・大学院を卒業(修了)見込みの人、社会人選考は22歳~35歳の人(エントリー時点)。研修期間は原則4年。エントリーに関する詳細は松下政経塾ホームページの「募集要項」を参照。 また、オンライン説明会 (無料)は2月13日、18時~18時50分に開催される。

    松下政経塾が新入塾生を募集中 2025年4月入塾のエントリー締め切りが迫る


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 prtimes.jp)


    あ、ちなみに25年4月からの入塾エントリーは締め切られた模様です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【政治家の登竜門】松下政経塾ってどんなとこなのかしら!?~~~。】の続きを読む


    不動産投資において、高利回り物件の運営に成功したら、売却して規模を拡大させ、収益アップを狙うのがセオリー。物件の買い増しに際しては、新たに資金調達が必要となるわけですが、「不動産投資では、お金を借りることが悪いと思っていたら絶対に成功できない」と、株式会社ピカいちの代表取締役・柳田将禎氏は言います。リフォーム投資のプロである柳田氏の著書『ピカいちのリフォーム投資 改訂版』より、サラリーマン大家にとって必須の「融資」への考え方について詳しく見ていきましょう。

    「将来的に利回り15%になる物件か」が基準

    失敗物件を購入していたとしても、きちんと稼働させて物件の価値を高めることができれば売却が可能です。そして、いよいよ新たな物件を購入します。

    収益物件というのは、本来「収益性」で取引されるものです。積算評価もありますが、結局のところその物件がどれだけ家賃を稼げるかということが、もっとも大切といえます。

    今の市況であれば、最初から利回り15%の物件を買うのはまだ難しいかもしれません。表面的には利回り15%以上であっても、家賃を相場に引き直して、リフォーム費用を加味すれば利回りが落ちるケースは多いものです。

    ですから、その物件が将来的に利回り15%になるポテンシャルがあるかどうか、それを基準に物件を探していきましょう。

    たとえば、今の家賃が6万円、利回りが9%だったとしても、物件のあるエリアに賃貸ニーズがあり、部屋の平米数も十分であれば、リフォーム代を加味したうえでも収益率が大きく上がる可能性は十分にあります。

    また、利回り15%で購入できたとすると、5〜6年後に20%で売却しても十分儲けが出ます。20%という高利回りであれば、どんな市況であれ買い手はいますし、価格帯が低ければキャッシュで買う人もいます。むしろ融資が開いている時期であれば、より高値で売却できるでしょう。

    この考え方で不動産投資をしていくと、市況に左右されることが少なくなります。

    また、売却の際に意識いただきたいのは譲渡税です。

    土地や建物を売ったときの譲渡所得に対する税金は、分離課税といって給与所得などの他の所得と区分して計算します。

    売った土地や建物の所有期間が、売った年の1月1日現在で5年を超えるかどうかにより、適用する税率が異なります。

    5年を超えたところで長期譲渡所得となり税率が20%になりますから、売却のタイミングを考えた時「5年間所有」を目安にすることをお勧めします(個人所有の場合)。それ以下の場合は、短期譲渡所得となり税率は39%です。

    「キャッシュは温存」が鉄則

    また、買い増しをするとき、キャッシュはできるだけ温存すべきです。

    今までは通帳の数字を改ざんなど、お金がないのに持っているように見せかけて失敗してしまう人がいましたが、本当にお金があって使わないのであれば、それが理想的な方法です。

    大きな借金を恐れる人もいますが、不動産投資を行うにおいて、キャッシュ切れを起こすことがもっともリスクだと考えます。

    よく「銀行は雨の日に傘を取り上げ、晴れの日に傘を貸す」といいますが、まさにそのとおりで、キャッシュを持っている人であれば銀行はお金を貸してくれるのです。

    繰り返しになりますが、現金がなければ、お金は借りられなくなってしまいます。それは破産を意味します。

    銀行はこちらに余裕があるときにしかお金を貸してくれないため「お金があるのに金利を支払うのはもったいない」と感じる人がいるかもしれません。私は、金利は保険料として考えると良いと思います。

    よくファイナンシャルプランナーが住宅ローンのアドバイスをするとき、繰上げ返済を勧めますが、不動産投資では繰上げ返済を絶対に勧めません。

    これはマイホームを購入するための住宅ローンであっても同様です。もしも繰上げ返済をしてしまってキャッシュがなくなったら、お父さんが病気にかかった、子どもが事故に遭った……といった有事に対応ができなくなってしまいます。

    不動産投資では、お金を借りることが悪いと思っていたら絶対に成功できません。

    お金を借りてお金を増やしているのですから、お金を借りることは「善」なのです。要するに、そのお金をどう投資するかが重要なのです。

    不動産投資は会社経営と同じで、現金がなくなった時点で破産となります。決算上マイナスになっても、現金がなくならなければ耐えられます。逆にいうと、現金がなくなれば黒字でも倒産するわけです。そこを絶対に見誤ってはいけません。

    融資を活かして次のステージへ

    サラリーマン投資家のやり方として、はじめは自らの属性(年収・自己資金・勤務先など)を武器にして融資を引き出します。今でも年収1,000万円以上の人はどこの金融機関でもお金は借りやすい傾向があります。

    しかし事業が好調になると個人の属性という壁は外れて、会社としての信用でお金を借りられるようになっていきます。年収がいくらかといった問題ではなく、会社の実績と事業計画で融資の可否を判断されるのです。

    また個人投資家であっても、規模が大きくなると金融機関にとって上客になるので、ある程度は支店の権限内で自由に融資が組めるようになります。

    耐用年数オーバーの物件など、通常であれば融資がおりにくい物件も買えるようになります。融資特約付きでなくとも、業者でなくとも買えるようになるのです。このレベルまでくればビジネス経営として話が進んでいきます。

    そうなると物件の仕入れもしやすくなりますし、上流の情報が流れてくるので、どんどん買い進めることができます。

    私はこの9年間で不動産投資の規模を拡大し、リフォームリノベーション、アパート等の新築の事業も軌道に乗せていきました。

    ただし、すべて順調にことが運んだわけでもありません。むしろ、失敗やつまずきもたくさん経験しています。それでもここまで来れたのは、その時々で素晴らしい仲間に恵まれ、目標を立ててそれを逆算し、計画を立てて地道に実行して、最も良い条件で投資をしたからです。その結果としての今があるのだと感じています。

    さすがに最近は数が減りましたが、会社をリタイヤしたあと、まったく融資が付かなくなったというサラリーマン大家さんは数多くいました。

    銀行員に「会社を辞めても融資をしてくれますか?」と事前に聞いておけば良かったのに、無計画に辞めてしまったゆえに、そうした結果を招いたのだと思います。

    なかには会社を辞めることを秘密にして、自分の与信枠いっぱいに融資を借りてから退職するような人もいました。

    サラリーマン不動産投資ブームにおいて「会社を辞めたらお金を借りられない」という知識が一般的でなかったころの話です。

    しかし、融資の行き止まりを迎えた元サラリーマン投資家たちも、2〜3年程度の努力をして実績を積み重ね、事業者として復活するパターンがあります。

    たしかに停滞している期間はロスが生じているわけですが、多少の回り道をしたとしても、軌道修正をして不動産投資の成功の道へ戻ってきている人も大勢いるのです。

    ちまたには不動産投資で大成功を収めるような武勇伝の書かれた本が大多数ですが、100%成功している人なんて存在しません。紆余曲折を経て成功に結び付いた……それが本当のところだと思います。  

    柳田 将禎

    株式会社ピカいち

    代表取締役

    (※写真はイメージです/PIXTA)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    不動産投資(ふどうさんとうし、英: real estate investing)とは、不動産を対象とした投資。具体的には投資した不動産を他者に貸して、賃料収入などを受け取るインカムゲインと、その投資した金額以上での売却によるキャピタルゲインを期待する行為である。 現物の不動産
    9キロバイト (1,302 語) - 2024年1月12日 (金) 07:56



    (出典 www.kensetsu-wakana.jp)


    夢は広がりますね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【不動産投資】高利回りで成功⇒売却して規模拡大⇒ステップアップ!!】の続きを読む


    このニュースは、1行(タイトルのみ配信)速報です。

    ソースは共同通信社
    https://nordot.app/1135392480392741278?c=59182594473885705



    (出典 news.nicovideo.jp)

    ドナルド・ジョン・トランプ(英語: Donald John Trump、1946年6月14日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、実業家。第45代アメリカ合衆国大統領(在任:2017年1月20日 - 2021年1月20日)。不動産業の富豪として著名になり、リアリティ番組の司会などタレント業も行ったのち…
    492キロバイト (63,682 語) - 2024年2月26日 (月) 02:40



    (出典 assets.bwbx.io)


    大統領に返り咲いた暁にはUFO機密情報も全公開するとの報道も。

    <このニュースへのネットの反応>

    【【無敵街道】トランプ氏、ミシガン州でも勝利した模様!!~~~。】の続きを読む


     女性の場合、結婚相手の学歴を重視する人は決して少なくない。国立社会保障・人口問題研究所が発表した『2021年結婚と出産に関する全国調査』によると、結婚相手に求める条件のうち、経済力と職業に次いで男女間の開きが大きかったのが学歴。考慮する、または重視すると答えた男性の割合が27.3%だったのに対し、女性は51.7%とおよそ半数が相手の学歴を気にするようだ。

     その傾向は結婚相談所に登録したり、お見合いパーティに参加する女性ほど強いと言われており、現に男性側の入会、または参加の条件に“大卒以上”などの条件を設けているケースもある。地方都市在住の渡辺尚久さん(仮名・43歳)が独身時代に参加したお見合いパーティには学歴に関する条件はなかったが、相手女性から尋ねられたことは何度もあるという。

    ◆高卒だと伝えた瞬間、女性が塩対応

    「でも、私の最終学歴は高卒。そういう質問をしてくる女性の大半は大卒か院卒を期待していたのでしょう。素直に伝えると途端に興味を失ったのか気まずい雰囲気になることが多かったですね」

     ただし、相手に対する条件があるのは男性参加者も同じ。女性たちもお金を払ってお見合いパーティに参加していたため、立場は同じだとあまり気にしないようにしていたそうだ。

     でも、そう割り切っていたつもりでも中には態度が目に余る女性も。特に印象に残っているのは30代半ばの頃に参加した某お見合いパーティでのこと。イベントの序盤、数分おきに違う相手と話をする中である女性から「渡辺さんは大学は地元ですか?」と聞かれ、いつものように高卒だと答えたとか。

     それに対する女性のリアクションが悪かったのは気づいていたが時間が余っていたため、今度は渡辺さんが質問。ところが、生返事を繰り返すだけで途中からはスマホをチェックし始め、彼の顔すら見ようとしなかった。

    「彼女は私の学歴を聞いてくる前、地元の看護大を卒業していると話していました。仕事も看護師だったので収入もある程度あるでしょうし、高卒の自分は彼女の基準では門前払いだったんでしょうね。それでも態度があまりに露骨で失礼極まりなかったのでさすがにムカつきましたけどね

    ◆職業を知った途端、あからさまに態度を変えてきた

     しかし、相手のように態度には出す、そのまま時間終了で次の女性と交代。この日はもう絡むことはないと思っていたが、イベント後半のフリータイム中にほかの女性と喋っていると彼女が突如話に加わってきたのだ。

    「私は行政書士をしているのですが当時は独立前でしたし、ただの会社員として参加していました。けど、フリータイム中にお喋りしていた子と趣味が同じでその話で盛り上がり、その後で仕事の話題になったので『実は……』と行政書士であることを明かしたんです。そしたら問題の女性も近くにいてたまたま聞いていたんでしょうね。乱入してきたのはその直後のことでしたから」

     まさに絵に描いたような手のひら返しだが、当然渡辺さんは好意を持つわけもなく、彼女のことは適当にあしらってスルー。イベントでは最後にカップルになりたい女性の番号を書いてスタッフに渡すが、この日は誰とも成立することはなかったそうだ。

    ◆イベント終了後に連絡先を聞かれるも…

     それでもこの結果自体はよくあることなので特に落ち込むこともなく会場を後にするが、そこで声をかけてきたのが問題の女性。諦めきれなかったのか「連絡先を交換しませんか?」と言ってきたのだ。もちろん、「すみません」と申し出を丁重にお断りしたのは言うまでもない。

    「ただ、行政書士って弁護士や税理士に比べると平均年収は少ないですし、独立しても依頼が来なくて廃業する人もいます。司法書士とのダブルライセンスなら話は別ですけど、そもそも社会的ステータスが高いわけでもありません。彼女は誤解していたのかもしれませんが、勝ち組職業なんかじゃ全然なかったんですけどね(苦笑)

     一生を左右することだけに結婚相手に学歴をはじめ、さまざまな条件を求めるのは仕方ない。とはいえ、スペックによって態度をコロコロ変えるような相手は勘弁願いたいものだ。

    <TEXT/トシタカマサ>

    【トシタカマサ】
    ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。

    ―[学歴マウント]―


    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    婚活動(けっこんかつどう、英:marriage activities)は、不本意未婚者が結婚相手を見つけるための主体的な活動。略称は婚活(こんかつ)。 「婚活」の語を考案した山田昌弘は、のちに白河桃子と『「婚活」時代』を執筆。動機として「日本の結婚の実態を明らかにし、“結婚できないけれどしたい”…
    53キロバイト (8,124 語) - 2023年12月6日 (水) 06:15



    (出典 fumumu.net)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【“高卒”だと塩対応になる婚活女性】職業が「行政書士」と明かされた途端に手のひら返し!?~~~。】の続きを読む


    贈与税は110万円までは非課税だから、相続税対策として生前贈与が有効」とよく聞きます。しかし、生前贈与にも注意すべきポイントがあり、「安易に生前贈与をしていると、多額の追徴税額が発生する可能性がある」と、多賀谷会計事務所の現役税理士・CFPの宮路幸人氏は警告します。Aさんの事例をもとに、「生前贈与が原因で追徴課税を課されるケース」とその予防策にをみていきましょう。

    子のための「生前贈与」で“まさかの追徴課税”

    定年退職を迎え、70歳に近づいてくると、だんだんと同年代の人たちと「相続税対策」についてお話する機会も増えてくるのではないでしょうか。

    特に大都市圏にお住まいの方は土地の評価額が高くなるため、戸建てなどの不動産を所有している場合相続税の申告が必要となるケースが多いです。実際、相続税の申告者割合は全国平均では約12人に1人ですが、東京都では約6人に1人とほぼ倍になっています。

    都内在住のAさん(69歳)も、自分の親が亡くなったときに思ったより多額の相続税を納めた経験があるため、「自分の相続のときは、子どもたちの負担を少なくしたい」と考えていました。

    友人に相談したところ、「年間110万円以内の贈与であれば、贈与税の納税も申告も必要ないよ」と聞いたAさんは、“子に内緒”で通帳を作成。毎年100万円ずつ10年間、2人の子どもたちに生前贈与を行いました。

    その後、Aさんは81歳で逝去。相続人となった子どもたちが相続税の申告を行ったところ、翌年税務署から「税務調査に伺いたい」と連絡がありました。

    そして調査の結果、「お父様が行った生前贈与は贈与の実態がないため、生前贈与として認められません。この2,000万円も課税対象になるので、相続税の申告に含めて計算してください」と告げられました。最終的に、追徴税額は400万円。さらにペナルティとして加算税と延滞税も課されることに……。

    なぜ、この生前贈与は否認されることとなってしまったのでしょうか?

    “生きているあいだ”はあまり問題にならない生前贈与だが…

    実は、贈与税は生きているあいだ(生前贈与を行っているあいだ)はあまり問題となりません。税務署も個人の資金の流れについて細かに把握しないためです。

    しかし、生前贈与を行っていた贈与者(=親)が亡くなった際は注意が必要です。

    税務署は、相続人が亡くなるまでのおおむね10年分ぐらいの預金口座の動きを把握します。そして、10年のうちに大きな資金移動がある場合は、「これは子や孫たちに対する贈与か?」「あるいは名義預金か?」などと考え税務調査が行われることとなるのです。

    「証拠を残す」がカギ…生前贈与の注意点3つ

    では、生前贈与をする際はどのような点に注意しなければならないのでしょうか?

    1.「贈与契約書」を作成する

    生前贈与が成立するためには、贈与者が「この財産をあげます」受贈者が「この財産をもらいます」という両者の合意が必要となります。

    この合意の証拠を残すため、贈与者(親)と受贈者(子)が署名押印し「贈与契約書」を作成しておきましょう。できれば公証人申告役場で確定日付をとっておくと、より証拠力が高まります。

    2.直接渡すのではなく「銀行振込」で行う

    現金で直接受贈者(子)に渡してしまうと客観的な証拠が残らないため、生前贈与は銀行振込で行いましょう。こうすることで、通帳に印字されるなど客観的証拠が残ります。

    3.通帳は受贈者本人に管理させる

    生前贈与を行う場合、贈与者がその通帳や印鑑を管理していると、贈与者が亡くなった際受贈者が自分で使えず、贈与とみなされなくなる可能性があります。通帳は子や孫本人に管理させるようにしましょう。

    “子に内緒”はNG!追徴課税を受けない生前贈与のポイント

    今回の事例で子に追徴課税が課された原因は、Aさんが“子に内緒でこっそり”生前贈与を行っていたことにあります。

    「預金を子や孫に管理させたら無駄遣いするのではないか」「なにもしなくても親から財産をもらえると思わせるのはよくない」「でも、子の将来のために役立ててほしい」などと、親心から子に知らせずにこっそり贈与を行っているケースが多いのですが、客観的な証拠がないと贈与とみなされず、今回のように子が追徴税額と加算税等を支払うこととなります。

    また、Aさんのように毎年100万円の贈与を10年間行った場合、これは最初から総額1,000万円の贈与をする約束であったとする「定期贈与」とみなされる可能性があります。この場合、1,000万円に対し贈与税が課されますので注意が必要です。

    さらに、「私はあえて110万円を超える贈与を行い、贈与税の申告と納税を済ましているから大丈夫!」とも思わないでください。申告を行っている場合であっても、贈与の“実態”がない場合はやはり否認される可能性があります。

    ◆まとめ

    「毎年110万円以下の生前贈与であれば相続税の負担が少なくなる」ということは広く知られていますが、今回みてきたように“実態がない”場合は、税務調査の際贈与が否認され追徴税額を徴収されますのでご注意ください。

    また、このたびの税制改正により、2024年以降の生前贈与加算は3年から7年に徐々に延びることになりました。つまり、生前贈与による相続税対策に歯止めがかけられたことになります。

    したがって、生前贈与を行う際は専門家等に相談しながら進めることをおすすめします。

    宮路 幸人

    多賀谷会計事務所

    税理士/CFP

    (※写真はイメージです/PIXTA)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    贈与(ぞうよ)とは、当事者(贈与者)の一方がある財産を無償で相手方(受贈者)に与える行為。 大陸法では契約の一種(贈与契約)。日本の民法も典型契約の一種とする。一方、英米法では契約(contract)は捺印証書または約因(対価)が存在しなければならないため、単なる贈与だけでは契約にはあたらない。 片務契約…
    20キロバイト (3,334 語) - 2023年12月20日 (水) 16:00



    (出典 www.zeiri4.com)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【え、生前贈与だよ】基礎控除の範囲内でやってた筈なのに追徴課税!?~~~。】の続きを読む


    一定の要件を満たすことで対象となる宅地の評価額を最大80%減額できる「小規模宅地等の特例」。この特例が使えるか使えないかで、支払う相続税が千万単位で変わることも多々あります。今回は、その「小規模宅地等の特例は被相続人が老人ホームに入居していても適用可能なのか」について解説していきます。

    被相続人が老人ホームに入居していても小規模宅地等の特例は使える?

    小規模宅地等の特例とは、一定の要件を満たすことで対象となる宅地の評価額を最大80%減額できる制度です。

    適用するには複雑な要件をクリアする必要がありますが、被相続人が老人ホームに入居した状態でも、ケースによっては特例が適用できます。老人ホームに入居している=適用できないというわけではありません。

    老人ホーム入居後に小規模宅地等の特例を使用するための条件

    被相続人の老人ホーム入居後に小規模宅地等の特例を適用するには、まず被相続人が要介護や要支援の認定を受けている必要があります。さらに、入居している施設の種類や要介護認定などを受けた時期によって、適用できるかどうかが異なります。

    誰が相続するかによっても要件が異なるため、遺産分割がまとまった時点で要件を確認したほうがよいでしょう。

    なお、住民票記載の住所が自宅のままになっているなど住民票の住所と現住所に相違がある場合でも、小規模宅地の特例が使用できるかどうかを判定する際は自宅に住んでいるものとみなされるため、特例を受けることができます。

    老人ホームに入居していて小規模宅地等の特例が使えるケース

    ここでは、老人ホームに入居していても小規模宅地等の特例が適用できるケースを紹介します。

    2つの前提条件を満たしている場合

    老人ホームに入居していても、以下の2つの前提条件を満たしている場合は特例が適用できます。

    ・死亡の時点で被相続人が要介護認定や要支援認定、障害支援区分の認定などを受けている場合

    ・老人福祉法等が定める老人ホームに入居している場合

    それぞれ解説します。

    死亡の時点で被相続人が要介護認定や要支援認定、障害支援区分の認定などを受けている場合

    要介護認定や要支援認定などについては死亡の時点で判断されるため、老人ホームに入居した時点で認定を受けていなくても構いません。また、判断基準を満たす場合は過去にさかのぼって認定されるため、要介護認定などの申請中に死亡した場合であっても特例の適用は可能です。

    老人福祉法等が定める老人ホームに入居している場合

    入居している施設は、以下のような老人福祉法等に定められている施設でなければなりません。

    ・養護老人ホーム

    ・特別養護老人ホーム

    ・有料老人ホーム

    ・軽費老人ホーム

    ・サービス付き高齢者用住宅

    ・介護医療院

    ・介護老人保健施設

    ・グループホーム

    ・障がい者支援施設または共同生活援助を行う住居

    ほとんどの施設が上記に該当しますが、都道府県に届け出ていない無許可の施設は該当しません。入居している老人ホームがどのタイプの施設にあたるかについては、念のため施設に確認しておいたほうがよいでしょう。

    相続人が被相続人の配偶者、同居の親族、別居の親族である場合

    小規模宅地等の特例を適用するには、対象の宅地を相続する人が被相続人の配偶者や同居していた親族、別居していた親族である場合に限られます。要件は誰が相続するかによって異なるため注意が必要です。それぞれ解説します。

    配偶者が相続する場合

    配偶者が相続する場合、要件は不要です。前述した前提条件を満たしていれば、小規模宅地等の特例を適用できます。

    被相続人と同居していた親族が相続する場合

    被相続人と同居していた親族が相続する場合は、前述した前提条件を満たしたうえで、さらに以下の要件を満たす必要があります。

    ・被相続人が死亡した時点から相続税の申告期限までの期間内に対象の建物に居住していること

    ・対象の建物の敷地である宅地を、相続税の申告期限まで保有していること

    上記の要件を満たしていれば、小規模宅地等の特例が適用できます。

    被相続人と別居していた親族が相続する場合

    被相続人と別居していた親族が相続する場合は、前述した前提条件を満たしたうえで、さらに以下の要件を満たす必要があります。

    ・被相続人、相続人ともに日本国内に住所があること

    ・被相続人に配偶者および同居の親族が存在しないこと

    ・相続人や配偶者が被相続人の死亡後3年以内に、自身もしくは配偶者が所有する居宅に居住していないこと

    「被相続人、相続人ともに日本国内に住所があること」とされていますが、もし相続人が日本国内に住所を有していなくても、日本国籍があれば問題ありません。

    長期間入院している場合も適用できる

    被相続人が老人ホームに入居しているのではなく長期的に入院している場合も、小規模宅地等の特例は適用できます。なぜなら、自宅を離れた状態ではあるものの、生活の拠点は変わっていないと考えられるためです。

    老人ホームに入居していて小規模宅地等の特例が使えないケース

    以下のケースは、他の要件を満たしていたとしても小規模宅地等の特例が適用できません。

    ・建物の内部で行き来ができず、区分所有登記がされている二世帯住宅の場合

    ・被相続人が老人ホームに入居し、自宅が空き家になってから親族が住み始めた場合

    建物の内部で行き来ができない構造になっていても、ひとつの建物として登記がされていれば特例の適用は可能です。

    しかし、例えば1階部分が父親名義、2階部分が息子名義であるなど、分けて登記がされている場合は特例を適用できません。

    また、自宅に親族が住み始めるタイミングは、被相続人が老人ホームに入居する前でなければなりません。自宅が空き家になってから住み始めた場合には、特例を適用できないことを覚えておきましょう。

    小規模宅地等の特例が適用されるが減額率が下がるケースとは?

    ケースによっては、小規模宅地等の特例が適用されても、減額率が下がってしまう場合があります。例えば、以下のようなケースが挙げられます。

    ・自宅に親族以外の人が住んでいる場合

    ・被相続人が自宅と賃貸アパートを所有していた場合

    被相続人が老人ホームに入居したあと他人に貸し付けた場合は、評価額の減額率が下がります。なぜなら「貸付事業用宅地の特例」に該当するためです。

    また、被相続人が自宅と賃貸アパートを所有していた場合も同様に、貸付事業用宅地に該当するため減額率が下がります。

    貸付事業用宅地の特例は、200m2までの貸付事業用宅地に対して評価額を50%減額できる制度です。例えば500m2の土地の場合、そのうちの200m2に関しては50%の減税が可能ですが、残り300m2に関しては減税できません。

    そのほか、場合によっては特例の適用自体ができなくなるケースもあるため注意が必要です。例えば、いくつかの施設を行き来していた場合が挙げられます。

    特例を適用するためには老人福祉法等に定められた施設への入居が条件であると前述しましたが、たとえ最初に入居した施設や最後に入居していた施設が老人福祉法等に定められた施設でも、途中で無許可の施設に移った経緯がある場合は、特例の適用ができなくなります。

    別の施設に移る場合は、移る予定の施設がどのような施設であるかをよく確認したうえで転居を決めましょう。

    老人ホーム入所後に小規模宅地等の特例の申請するための添付書類

    老人ホーム入居後に小規模宅地等の特例を申請する際は、共通して以下の書類を揃える必要があります。

    ・本人確認書類

    相続税の申告書

    ・被相続人の出生から死亡までの戸籍

    ・被相続人の戸籍の附票

    ・相続人全員の現在戸籍

    ・相続人全員の印鑑証明書

    ・遺産分割協議書または遺言書のコピー

    ・特例を適用する人の住民票

    ・要介護認定や要支援認定を受けていたことがわかる書類のコピー

    介護保険の被保険者証のコピー

    ・老人ホームに入居した際の契約書のコピー

    本人確認書類は、マイナンバーカードがある場合はマイナンバーカードを両面コピーしたものを提出します。

    マイナンバーカードがない場合はマイナンバーが記載された住民票のコピーや通知カードのコピー、身元確認書類として運転免許証やパスポート、健康保険証のコピーなど、公的な証明書が1点必要です。

    被相続人の戸籍の附票は、被相続人の死亡後に取得したものが必要です。

    特例を適用する人の住民票については、申告書にマイナンバーを記載する場合は必要ありません。提出する場合はコピーしたもので構いません。

    また、相続人が配偶者や同居の親族の場合は上記の書類だけで事足りますが、相続人が別居している親族の場合は、上記の書類に加え、相続開始前3年以内に相続人およびその配偶者が所有する家屋に居住したことがない旨を証明する書類が必要です。

    「相続開始前3年以内に相続人およびその配偶者が所有する家屋に居住したことがない旨を証明する書類」とは、例えば相続する居宅の全部事項証明書や借家の賃貸借契約書などが該当します。なお、戸籍や附票、住民票などは取得の際に手数料がかかります。

    手数料額はおおむね上記のとおりですが、市区町村によって異なります。その都度確認することをおすすめします。

    小規模宅地等の特例の手続き方法を解説

    小規模宅地等の特例の手続きをする前に、まず相続税の申告手続きを期限内に行わなければなりません。相続税の申告手続きは、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10ヵ月です。

    期限を過ぎてからでも申告できますが、その場合は延滞税や無申告加算税が課される可能性があるため注意が必要です。また、遺産分割が完了している必要があります。

    遺産分割が完了していない場合、小規模宅地等の特例を適用せずに相続税を納付しなければなりませんが、申告期限から3年以内に遺産分割が完了すれば特例の適用が可能です。遺産分割が完了した日の翌日から4ヵ月以内であれば、納めすぎた相続税をあとから請求できます。

    特例の手続きは、管轄の税務署に対して行います。申告から手続き完了までに日数を要すものではなく、必要書類を揃えて提出し、不備がなければ手続きはそこで完了です。何かしら不備があれば税務署から連絡がくることはありますが、連絡がなければ通ったと判断して問題ないでしょう。

    小規模宅地等の特例が使えるか困ったら

    老人ホーム入居後に小規模宅地等の特例が適用できるかどうかについてや要件、添付書類について解説しました。

    小規模宅地等の特例は、適用できるかそうでないかによって評価額の減額率が大幅に変わります。特例が適用できるかどうかわからない場合は、専門家に相談することもひとつです。

    相続診断士であれば、小規模宅地等の特例についてアドバイスをもらえるほか、必要であれば他の専門家も紹介してもらえます。一度検討してみてはいかがでしょうか。

     株式会社サステナブルスタイル

    後藤 光

    (※写真はイメージです/PIXTA)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    宅地(じゅうたくち)は、土地、宅地の利用区分一形態で、住宅用途に供せられる土地のことをいうことが一般的である。住宅地が集まった地域を「住宅地域」または「住宅街」という。 宅地における土地の利用区分としては、商業地、工業地が他に代表的なものであり、住環境面からも、都市計画を行う上で土地の
    9キロバイト (1,367 語) - 2022年11月23日 (水) 09:00



    (出典 www.osumai-soudan.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【【小規模宅地の特例】老人ホーム入居の場合でも使える!?~~~。】の続きを読む


    杉山 裕右(すぎやま ゆうすけ、1988年8月24日 - )は、東京都出身 の俳優。日本大学生産工学部卒業。スカイコーポレーション所属。 身長171cm。血液型B型。趣味はハイキング、ウォーキング、ブレイクダンス。特技はヌンチャク、殺陣、アクション、野球、極真空手。資格、二等無人航空機操縦士(ドローン操縦)、行政書士。…
    8キロバイト (764 語) - 2024年2月21日 (水) 08:11
    西岡徳美を使っていたが、女性に間違われたり、"とくみ"と呼ばれることが多かったため、退団を機に西岡"徳"馬にした。しかし僧侶から「"徳"という字は『人は一心ことを為すのに十四年』という作りですから、一本、横棒を入れた方がいい」と言われて、もともと戸籍でも"德"を使っているため、西岡
    56キロバイト (7,171 語) - 2024年2月15日 (木) 20:13

    (出典 ameblo.jp)



    1 ぐれ ★ :2024/02/21(水) 07:23:14.40 ID:cIOqHAoH9.net
    ※2/21(水) 5:00配信
    サンケイスポーツ

    俳優、杉山裕右(ゆうすけ、35)が先月発表された2023年度の国家資格、行政書士の試験に合格したことが20日、分かった。俳優、西岡德馬(77)の末娘にあたる妻で女優、優妃(37)も「頑張ったね」と祝福。昨年8月の第1子・長男誕生に続く慶事に、德馬も「これで杉山家も安泰だな」と大喜びという。

    杉山はこの日、サンケイスポーツの取材に「4年前の結婚を機に本腰を入れて、多いときは夜中に1日6時間、勉強してきました。約13年間、頑張ってきて本当によかった」と胸をなでおろした。何か社会に役立つ資格を-と日大生産工学部で電気を専攻した頃から勉強を始め、卒業後も含め今回で5回目の受験。受験者4万6991人中6571人が合格し、競争率は13・98%だった。

    「近く正式な手続きを経て行政書士の看板を掲げます。災害被災者や山岳遭難者の発見や映画ロケなどに使うドローン飛行の申請のほか、海外からの帰化申請を扱う書類の作成など、具体的な代行業務を始めたい」と意欲満々。すでにドローン操縦の国家資格「二等無人航空機操縦士」も持っている。

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/94bc5125f1ca4373bb6ff7f7a742014061a6f816

    【【西岡徳馬さんの娘婿】杉山裕右さんが行政書士試験に合格していた!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ