連続テレビ小説『風のハルカ』『あさが来た』など手がけた大森美香が担当し、主演吉沢亮が務めることが発表された。なお、吉沢は大河ドラマの主演俳優としては初の平成生まれである。 表題「青天を衝け」は渋沢自身が詠んだ漢詩の一節「勢青天攘臂躋 気穿白雲唾手征」(意:青空つきさす勢いで肘
168キロバイト (24,840 語) - 2022年6月20日 (月) 07:11


大河ドラマの第60作となる本作はドラマ「不機嫌なジーン」や朝ドラ「あさが来た」などの大森美香が脚本を担当。第1回「栄一、目覚める」では武蔵国血洗島村(現在の埼玉県深谷市)で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一が、人一倍おしゃべりの剛情っぱりで、いつも大人を困らせていた。
(シネマツデイ)

なんといっても一橋慶喜と渋沢栄一の最初の出会いのシーンからはじまるので、そのシーンが最も印象的だった。ことものころの栄一の子も上手でした。




SALT
@SALT_196_06

2021年2月14日、青天を衝けの第1話、テレビの前で正座して見てた推しの名前が大河ドラマのOPの一番最初に出てきた時の感動はずっと忘れないと思う

2022-07-09 19:35:47

(出典 @SALT_196_06)