神奈川宿(かながわしゅく、かながわじゅく)は、東海道五十三次の3番目の宿場である。武蔵国橘樹郡、今の神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町付近にあった。付近には神奈川湊があった。 神奈川宿は神奈川湊の傍に併設された町であり、相模国や武蔵国多摩郡方面への物資の経由地として栄えた。なお幕末には開港場に指定され
12キロバイト (1,699 語) - 2022年3月26日 (土) 08:15


ぶらりと歩いてみる価値はありそう。「神奈川県」っていうだけあって神奈川がもともと繁栄していたんだね。横浜は開港してからだもんね。