桜田門外の変(さくらだもんがいへん)は、安政7年3月3日(1860年3月24日)に江戸城桜田門外(現在東京都千代田区霞が関)で水戸藩から脱藩者17名と薩摩藩士1名が彦根藩行列を襲撃、大老井伊直弼を暗殺した事件。「桜田事変」とも言う。 安政5年(1858年)4月、大老に就任した彦根藩主・井伊直
82キロバイト (14,209 語) - 2022年7月8日 (金) 09:46


無差別殺傷、無差別テロへの対策が意識の中で大きくなりすぎ、その分だけ要人暗殺、要人暗殺テロへの意識が警察も社会も少し気が緩んでいた、日本では起きない、という雰囲気が続いていた部分があるのではないか。しかし歴史的には大化の改新、本能寺の変、赤穂事件もそうだ。桜田門外の変で殺された大老の井伊直弼は、今で言う首相だ。近代以降も、大久保利通や伊藤博文が暗殺されたし、 五・一五事件や二・二六事件だってそうだ。
(ヤフーニュース)