上杉 景勝(うえすぎ かげかつ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての大名。豊臣政権の五大老の一人。米沢藩の初代藩主。山内上杉家17代目。 上田長尾家出身で、初名は長尾顕景。同じ長尾家出身の叔父・上杉謙信の養子となり、名を上杉景勝と改めた。実子のいない謙信の死後、上杉
46キロバイト (7,741 語) - 2022年6月28日 (火) 04:19


本当は信長に攻められて、やばかったんだよね。本能寺の変で命拾い、そのあと、秀吉ともうまく手打ちして、立派に家名を残した。そのあと、関ヶ原でもいろいろあたけど、お家を存続させたという意味では成功者かなとは思う。