【深掘り「鎌倉殿の13人」】源頼家は、本当に安達景盛の側室を寝取ったのか!その顛末
 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の28回目では、源頼家が安達景盛の側室を寝取っていた。この話の顛末について、詳しく掘り下げてみよう。■源頼家の不義 『…
(出典:渡邊大門)


安達 景盛(あだち かげもり)は鎌倉時代前期から中期にかけての武将。鎌倉幕府の有力御家人。安達盛長の嫡男。 父の盛長は源頼朝の流人時代からの側近であり、幕府草創に功のあった宿老であった。頼朝死後に跡を継いだ2代将軍・源頼家と景盛は不仲であったと見られ、頼家の代となって半年後の正治元年(1199年)7
10キロバイト (1,641 語) - 2022年7月27日 (水) 13:27


■源頼家の不義

 『吾妻鏡』正治元年(1199)7月20日条によると、雨が降りしきる深夜から朝方にかけて。頼家は中野能成を使者として、安達景盛の側室を召し出したという。景盛の側室は、小笠原長経の邸宅に召された。


 景盛は、「13人の合議制」に加わった盛長(出家して「蓮西」。以下、盛長で統一)の子だった。その側室についての詳細は不詳である。


 頼家は景盛の側室をことのほか寵愛したというので、かなり美しい女性だったのだろう。以前から頼家は彼女に書状を送っていたが、面会は拒否されていた。


 頼家がこうした暴挙に出たのは、景盛が宮重広なる賊を討ち取るため、三河国へと出陣している隙を狙ったものだった。しかし、景盛は側室と離れたくなかったので、出陣には乗り気でなかったという。


 『吾妻鏡』正治元年(1199)7月26日条によると、頼家は夜になって景盛の妻を北向御所に住まわせるという暴挙に出た。しかも頼家は、小笠原長経、比企三郎、和田朝盛、中野能成、細野四郎の5人以外を御所に来てはならないと命じたのである。
(出典:渡邊大門氏)