本能寺の変(ほんのうじのへん)は天正10年6月2日(1582年6月21日)早朝、京都本能寺に滞在中の織田信長を家臣・明智光秀が突如謀反を起こして襲撃した事件である。 信長は寝込みを襲われ、包囲されたのを悟ると、寺に火を放ち自害して果てた。信長の嫡男で織田家当主・信忠は、宿泊していた妙覚寺から二条御
247キロバイト (37,408 語) - 2022年8月4日 (木) 09:29