龍馬の夢

本サイトは、歴史、旅のニュースについての5ch、Twitterの声をまとめています。時々、ビジネス関連(パワハラ、転職、起業等)に関する情報も対象とします。

    カテゴリ: 源平・鎌倉時代


    梶原 (かじはら ぜん、1966年2月25日 - )は、日本の俳優。岡山県岡山市出身。シス・カンパニー所属。 関西高等学校時代はバンド活動に打ち込み、卒業後は上京して服飾の専門学校に入学する。 1985年にアルバイト仲間だった松重豊の紹介で、三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズの公演に参加
    30キロバイト (3,973 語) - 2022年8月26日 (金) 20:08
    義時は善児の過去のふるまいを咎めなかったのか。これは意外。でもトウが親の仇をうったのは何となくそうなる感じはあったけどね。来週から善児ロスか。

    2 日曜8時の名無しさん :2022/08/28(日) 21:05:22.91ID:dtSPZeYT
    毎回愛すべき誰かが*のが辛い

    箸休め回はもうないのか

    【【鎌倉殿の13人】来週からは善児ロス!!~~~。】の続きを読む


    村・北条義時居住)両邸にも影響を与える計画であったが同時に村としては三寅との関係性を誇示することにもなり、義時には不都合な側面もあった。また、政子の義時邸からの退去は引き続き義時邸を仮御所とする三寅のための空間拡張の敷地を確保すると共に、政子が三寅を擁することで得ていた義時に対する優位を解消することになった。
    53キロバイト (9,152 語) - 2022年8月24日 (水) 22:23



    【【鎌倉殿の13人】北条氏は源氏のいない世界を作ろうとした!!~~~。】の続きを読む


    高岸 宏行(たかぎし ひろゆき、1992年〈平成4年〉10月8日 - )は、日本のお笑いタレント、プロ野球選手(投手)。愛媛県西条市出身。お笑いコンビ・ティモンディのボケ・応援担当。グレープカンパニー所属。プロ野球選手としては独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス所属。
    8キロバイト (712 語) - 2022年8月22日 (月) 04:45

    1 THE FURYφ ★ :2022/08/21(日) 20:50:08.48 ID:CAP_USER9.net
    俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)第32回「災いの種」が8月21日に放送され、
    お笑いコンビ「ティモンディ」の高岸宏行さん演じる仁田忠常の最期が描かれた。

    第32回では、奇跡的に息を吹き返した源頼家(金子大地さん)。しかし、後鳥羽上皇(尾上松也さん)のもとには頼家危篤の報が届き、
    後鳥羽は考えを巡らせる。鎌倉では、政子(小池栄子さん)のもとに義時(小栗さん)、泰時(坂口健太郎さん)らが集まり、新たな体制について
    話し合っていた。そんな中、一人で思いにふける比奈(堀田真由さん)。

    一方、先を見据えるりく(宮沢りえさん)は、時政(坂東彌十郎さん)に京との関係をより深めるように説き、愛息・政範(中川翼さん)も
    胸を高鳴らせる。そして、三浦義村(山本耕史さん)は……と展開した。

    比企能員(佐藤二朗さん)やせつ(山谷花純さん)がすでにこの世にいないことを知り、北条への憎しみを募らせる頼家は、和田義盛(横田栄司さん)と
    忠常を呼び、「時政の首を取って、ここへ持って参れ」と命令する。義盛はすぐに義村らに相談し、この話は時政の耳にも入るが、能員を討った
    張本人である忠常は、頼家と北条との間で板挟みになってしまい、自ら命を絶つことを選ぶ。

    頼家の感情任せの一言が、忠常を死に追いやったと、義時は頼家を非難。「頼家殿には鎌倉を離れていただくしかない」と伊豆の修善寺に
    送ることを決める。

    忠常が自害したことについて、SNSでは「仁田殿おおおおおおおお(涙)」「仁田殿…」「ご自害なんて!!」「本当にいい人ばかりが*でいく…」
    「もうだめ無理」「仁田殿は優しすぎた」「仁田殿おつかれさまでした。ティモンディ高岸さん、とても良き仁田忠常であった」といった声が上がっていた。

    「鎌倉殿の13人」は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の「新選組!」、2016年の「真田丸」に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜さんで、
    後の鎌倉幕府の二代執権・北条義時が主人公。野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/296726b61a57a08a7d02235ec992e42ddfbf76ea

    【【鎌倉殿の13人】ティモンディ高岸好演の仁田忠常ロス!!~~~。】の続きを読む


    ちえ 時政の三女。義時の異母妹。時房の同母姉。畠山家を参照。 あき 時政の四女。義時の異母妹。時房の同母姉。稲毛家を参照。 善児(ぜんじ) 演:梶原 下人。伊東祐親、梶原景時を経て、義時の雑色となる。 百姓の出身。刺客として用いられており、暗殺だけでなく、諜報活動も行う。主命を粛々と実行し、感情を表に見せることはない。
    223キロバイト (37,319 語) - 2022年8月21日 (日) 10:13
    結局、一幡様に手をかけた実行犯はトウか。善児は仕置き人としては致命的な仏心がついちまったんだね。まさかの展開。トウはすげえな。

    1 THE FURYφ ★ :2022/08/21(日) 20:54:30.40ID:CAP_USER9
    俳優の小栗旬(39)が主演を務めるNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)は21日、第32話が放送された。

     <※以下、ネタバレ有>

    稀代の喜劇作家にして群像劇の名手・三谷幸喜氏が脚本を手掛ける大河ドラマ61作目。タイトルの「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府将軍のこと。
    主人公は鎌倉幕府2代執権・北条義時。鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は
    、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか。新都・鎌倉を舞台に、13人の家臣団が激しいパワーゲームを繰り広げる。三谷氏は2004年「新選組!」、
    16年「真田丸」に続く6年ぶり3作目の大河脚本。小栗は8作目にして大河初主演に挑む。

    第32話は「災いの種」。奇跡的に息を吹き返した2代鎌倉殿・源頼家(金子大地)。頼家危篤の報が届いた後鳥羽上皇(尾上松也)は、
    ある考えを巡らす。政子(小池栄子)のもとには北条義時(小栗)らが集まり、新たな体制について話し合い。そんな中、比奈(堀田真由)は1人、
    思いにふける。先を見据えるりく(宮沢りえ)は夫・北条時政(坂東彌十郎)に京との関係をより深めるよう説き、愛息・政範(中川翼)も胸が躍る。
    そして、三浦義村(山本耕史)は…という展開。

    北条泰時(坂口健太郎)は比企能員(佐藤二朗)らと一緒に討つはずだった頼家の長男・一幡(相澤壮太)を匿っていると義時に報告。義時は善児
    (梶原善)の小屋に向かった。

    一幡はトウ(山本千尋)と玉入れ遊び。そして、善児が作った“ブランコ”に乗り「もっと」。善児はブランコに勢いをつける。

    義時「おまえが作ったのか」

    善児「へぇ。(トウに一幡を)頼む」」

    (小屋の中)

    義時「あれは生きていてはいけない命だ」

    善児「できねぇ(首を横に振る)」

    義時「千鶴丸と何が違う」

    善児「わしを好いてくれている」

    義時「似合わないことを申すな」

    善児は意を決したのか、刀を抜き、外へ。しかし、ブランコに乗って手を振る一幡を前に、涙。躊躇していると、義時が歩み出て、刀を抜こうとする。
    異変を察知したトウが一幡と義時の間に入り「一幡様、トウと水遊びいたしましょう」と一幡の手を引いて連れ出した。一幡はトウに「善児、なんで泣いてたの」。
    善児はブランコの縄を切り、小屋へ戻った。義時は地面に放り出されたブランコに目をやり、立ち尽くした。

    ラストに登場した比企尼(草笛光子)は頼家の次男・善哉(長尾翼)に「北条を許してはなりませぬぞ。あなたの父(頼家)を追いやり、あなたの兄(一幡)を
    *た北条を。あなたこそが次の鎌倉殿になるべきお方。それを阻んだのは、北条時政、義時、そして政子。あの者たちを決して許してはなりませぬぞ。
    北条を許してはなりませぬ」。この回、一幡の最期の直接的な描写はなかったが、「水遊び」は初回(1月9日)、善児が千鶴丸に手を下した時のリフレイン。
    そして、切られたブランコが再び使われることはない。

    SNS上には「善児の目にも涙…今までで一番胸が締め付けられた」「まさか善児に人の心があったとは」「まさかの善児に泣かされる日が来ようとは」
    「水遊びのセリフとブランコを切るシーンだけですべてが伝わるという、連続ドラマの積み重ねが完璧なシーン」などの声が続出。アサシン善児に芽生えた
    “善の心”が大反響を呼び、視聴者の心をわしづかみにした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2e2d3d0d9a0a53516014fcdbef4a417570bc40da

    【【鎌倉殿の13人】衝撃、あの善児が涙&拒否し、トウが一幡と水遊び!!~~~。】の続きを読む


    大河ドラマ > 鎌倉殿の13鎌倉殿の13』(かまくらどの13にん)は、2022年(令和4年)1月9日から放送されているNHK大河ドラマ第61作。脚本は大河ドラマ3回目となる三谷幸喜。 平安末から鎌倉前期を舞台に、歴史書『吾妻鏡』をベースとした源平合戦と鎌倉幕府が誕生する過程で繰り広げられる権力
    222キロバイト (37,212 語) - 2022年8月21日 (日) 08:01

    258 日曜8時の名無しさん :2022/08/21(日) 11:59:14.82ID:PxSmtM3a
    >>254
    光秀(義盛)と左馬之助(義村)みたいな関係なんだよな
    明智と違うのは義澄がそのまま義村にって流れ
    明智の場合は光安が左馬之助ではなく光秀に家督を譲ったが

    【【2022年大河ドラマ】鎌倉殿の13人、最新コメント集!!~~~。】の続きを読む


    大河ドラマ > 鎌倉殿の13人 『鎌倉殿の13人』(かまくらどのの13にん)は、2022年(令和4年)1月9日から放送されているNHK大河ドラマ第61作。脚本は大河ドラマ3回目となる三谷幸喜。 平安末から鎌倉前期を舞台に、歴史書『吾妻鏡』をベースとした源平合戦と鎌倉
    224キロバイト (37,712 語) - 2022年8月12日 (金) 20:56

    1 日曜8時の名無しさん :2022/05/15(日) 10:48:53.10ID:7LGLEB5V
    新田高平とは別に文覚、蘇った藤内光澄が義経の首桶を持参し、どれに泣けばいいか分からない頼朝

    こんな鎌倉殿の13人は嫌だ。第2代執権義時
    https://nhk2.5ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1646827024/

    【【あったら怖い】こんな鎌倉殿の13人は嫌だ!!~~~。】の続きを読む


    『鎌倉殿の13人』新納慎也演じる全成が最期まで貫いた愛 忘れられない宮澤エマの涙も
    …第30回「全成の確率」。源頼家(金子大地)への呪詛を行った疑いにより、阿野全成(新納慎也)が詮議を受ける。比企能員(佐藤二朗)はその背後に北条家の暗躍…
    (出典:リアルサウンド)


    新納 慎也(にいろ しんや、1975年4月21日 - )は、日本の俳優である。兵庫県神戸市出身。ワタナベエンターテインメント所属。 16歳の時にスカウトされ、モデルとして芸能界入り。俳優を志し大阪芸術大学舞台芸術学科演劇コースで演劇を学び、20歳で上京。1994年より舞台俳優として活動を開始する。
    24キロバイト (2,915 語) - 2022年6月29日 (水) 00:05


     礼儀も配慮も欠いた取り調べを受けた全成だったが、政子(小池栄子)や御家人たちに夜仲裁の訴えのおかげで、一度は死罪を免れ、流罪となった。久方ぶりに実衣と再会し、2人は安堵したように抱きしめ合った。「父上が許せない」と口にした実衣に優しく諭す姿が印象に残る。「誰も恨んではいけないよ」という台詞は、僧であり、争いごとを好まない全成らしいものだった。顔には痛々しい傷が残っていたが、実衣に見せる微笑みはとても優しい。謝罪しに来た時政に対しても、全成は「ご自分を責めてはなりませぬ。私は大丈夫」と微笑んだ。全成の強さは、義経(菅田将暉)のように戦場で発揮されるものではなく、戦場や政で努力を続けてきた範頼(迫田孝也)の強さとも違う。だが、実衣や時政に優しい表情を見せた彼の懐の深さ、情の深さは、全成が「強い」人間である証しとなる。
    (リアルサウンド)

    【【鎌倉殿の13人】新納慎也演じる全成が最後まで貫いた愛!!~~~。】の続きを読む



    【鎌倉殿の13人】頼朝の死後、北条時政の権力欲が露わに……なぜ我が世の春は長続きしなかったか
    …29話で1201年9月に関東を襲った暴風雨を描いた。1203年9月の「比企の乱」が近づいてきた。北条時政(坂東彌十郎)の権力欲が露わになる。時政の実像を史料から探る。
    (出典:デイリー新潮)


    比企能員変(ひきよしかずへん)は、鎌倉時代初期建仁3年(1203年)9月2日、鎌倉幕府内部で起こった政変。2代将軍源頼家外戚として権勢を握った比企能員とその一族が、北条時政謀略によって粛清された。 鎌倉幕府初代将軍である源頼朝死後、18歳嫡男頼家が跡を継ぐが、3か月で訴訟
    17キロバイト (3,292 語) - 2022年8月7日 (日) 12:28



    【【やっぱそうだよね】比企の乱は北条氏のクーデター!?~~~。】の続きを読む



    大河ドラマ > 草燃える草燃える』(くさもえる)は、1979年(昭和54年)1月7日から12月23日まで放送されたNHK大河ドラマの第17作。永井路子の『北条政子』『炎環』『つわものの賦』『相模のもののふたち』『絵巻』などの小説や随筆を原作に、源氏3代による鎌倉幕府樹立を中心とした東国武士団の興亡を描いた。
    80キロバイト (12,522 語) - 2022年7月31日 (日) 10:15



    【【大河ドラマ】鎌倉殿の13人と草燃えるを比べてみた!!~~~。】の続きを読む



    ドラマでは一人はガッキーだったな。史実ではみなどうなっったのかな。

    【【北条義時】3人の妻、それぞれどうなった!?~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ