龍馬の夢

本サイトは、歴史、旅のニュースについての5ch、Twitterの声をまとめています。時々、ビジネス関連(パワハラ、転職、起業等)に関する情報も対象とします。

    カテゴリ: ビジネス情報


    パワハラスメント(和製英語: power harassment)とは、職場内虐待の一つ。職場内の優位性を利用した、主に社会的な地位の強い者(政治家、会社社長、上司、役員、大学教授など)による、「自らの権力や立場を利用した嫌がらせ」のことである。略称はパワハラ。当初のパワハラ
    53キロバイト (8,485 語) - 2022年7月21日 (木) 04:01


    当ブログでは、「歴史」や「旅」といった自由な気分を多くの方に味わってもらいたいということでそう言った記事をまとめてますが、同時に、企業内のパワハラ等、個人を精神的に「不自由」な局面に追い詰める行為等に対する対処法等も扱っていくことにします。

    【【パワハラ】断固、許すまじ!!~~~。】の続きを読む


    「ブラック企業」からの転職 知られざる「法制度」の活用法とは?
     NPO法人POSSEに寄せられる労働相談の中で最も多い相談の一つが、「ブラック企業を辞められない」「会社を辞めたい」という相談だ。 相談者が訴える…
    (出典:今野晴貴)


    ブラック企業ブラックきぎょう)またはブラック会社(ブラックがいしゃ)とは、「新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワーハラスメントによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業」(今野晴貴による定義)を指し、就職を避けるべきとされている職場である。反対の概念はホワイト企業
    110キロバイト (17,821 語) - 2022年7月5日 (火) 18:39


    退職届を提出し、退職予定日以降は出社しない
     労働者には「退職の自由」があるため、会社に退職の意思を伝えるだけで退職することができる。退職するにあたって会社の同意は原則として必要ない。

     具体的には、退職日を明記した退職届を会社に提出すればよい。ここで気をつけてほしいことは、「退職願」ではなく「退職届」であるということだ。文字通り、退職願は、会社に対して退職を願い出るということだ。お願いは拒否できる。他方で、退職届は退職を届け出るものであり、労働者の一存で労働契約を解消することができる。

     また、冒頭に述べたように、退職届を出した際やその後に、会社から「代わりを見つけるまで退職を許さない」「退職したら損害賠償請求をする」「勝手に辞めたら賃金を支払わない」などと言われることがあるが、こうした退職妨害のほとんどは法的根拠がないため、退職の撤回に応じる必要はない。
    (出典:今野晴貴氏)

    【【ブラック企業からの転職】知られざる「法制度」の活用方法!!~~~。】の続きを読む

    このページのトップヘ